企業のために働く精神の必要性と退職の関係

11月 30, 2017 · Posted in · 企業のために働く精神の必要性と退職の関係 はコメントを受け付けていません。 

エンジニアとしての能力を大学や専門学校で身につけると、通常は企業に就職して仕事に従事することになります。システムエンジニアとして開発に携わるのはよく目指されるキャリアパスであり、そのまま企業で一生働き続ける人も少なくありません。企業でシステムエンジニアに求められているのはプログラミングの知識と経験やIT関係のハードやソフトの知識などのように専門性のある点では幅広く、職場によって求められる人材にも違いがあります。

しかし、エンジニアとしての専門性以外の部分で共通して求められるのが企業のために働くという精神です。あくまで企業としては事業を成功させて企業として発展していくために必要な人材としてシステムエンジニアを採用しています。それに合った形で働いてくれる精神を持っている人材は重宝されるものの、企業に対して貢献していくという姿勢を持っていない場合には扱いが悪くなってしまうことも稀ではありません。

システムエンジニア側としても自由に働ける職場ではなく、企業としてのオリジナリティーやブランド、経営成績などを考えた開発を行っていかなければならないのが一般的です。その状況に耐えかねて自由を求めて退職するシステムエンジニアもいます。独立してフリーエンジニアになることにより自由を獲得することもできるのがシステムエンジニアであり、企業のために働く精神を持つことに同意できない人は比較的早期に退職しているのです。